ルンルンピアノの写真日記です。



プロフィール

トビクロ

Author:トビクロ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブラッと丹後
1

初めての京都縦貫道。

2

宮津天橋立ICで降りる。
思ったよりも遠かった。

3

宮津線線路脇に咲いていたアブラナ。 すごいニオイ!


4

ここから 『あじわいの郷』
「オラオラ! はよエサよこさんかい!」
どこへ行っても動物から絡まれるN。
特に下のヒツジの表情がスゴイ。


5

ミニ豚のブブタ。
ちょっと眠そう。


6

柔らかそうなウサギ。


7

ナントカワラビー。
非常に用心深く、夜でも熟睡しない。
お腹には子育て用の大きな袋がある。


8

信州の美術館という雰囲気だ。


9

Nは ‘石のハンコ作り’   私は ‘万華鏡’ に挑戦。
旅の恥はかき捨てなのだ。

10

「この四隅をしっかり押さえるのがポイントです」
「ハイ」

万華鏡作りの私は 「気持ちが入ってない!」 と怒られた(けっこう一生懸命だったんだけどな~)


11

手前は手作りパンの店。
チョココルネとチーズブレッドを購入。


12

変な顔してパンを抱いている。



13

伊勢のスペイン村を思わせる園内。
平日のせいかお客はほとんどなく静かだ。


14

バーベキューの店。
オシャレな看板だが、ジーッと見ると結構こわい・・・


15

万華鏡作りの人から 「ゼヒゼヒ見てって下さいね♪」 と勧められた満開のチューリップ畑。
となりは遊具場で、何十年かぶりで乗るシーソーが楽しかった(N、超ヘタ)


16

園内で1番大きな建物、ハーヴェスト館。
ビール工房、ソーセージ工房、石窯ピザなど、大人も子どもも満足の店が入っている。
写真左に写っているのは小さな子ども連れの若い父親。
子どもほったらかしでケータイに夢中だった。


17

丹後地ビール。
ラベルに、白亜の経ヶ岬灯台が見えます。


18

お腹が空いていればゼヒとも食べたかった石窯ピッツァ。
空腹に負けて某サービスエリアで食べたかけそばとオニギリがうらめしい。


19

怒られながら(?)作った万華鏡。
万華鏡のしくみは驚くほど単純だった。


20

アイスクリームも食べられなかった。



21

「ウラヤマシイ頭しとんな~」


22

「ねえねえオジサン。 寝てばっかりいないでボクと遊んでよ」
陸ガメの石松。


23

あじわいの郷を出て、鳴き砂で有名な琴引浜へ向かいます。


24

琴引浜へ到着。
天然記念物の鳴き砂を持って帰ることは出来ません。


25

きめの細かい、あたりの柔らかい砂でした。
波の音がうるさいせいか、いくら耳を澄ませても砂の音は聞き取れません。



26

波は意外に荒く、ちょっとコワかった。



27

サラサラとした砂をすくうと、童心にかえったような気分になれます。


28

カラスがひとりで散歩してました。



31

海を見つめて何を考えているのでしょう。

29

ラストは石松。


スポンサーサイト


この記事に対するコメント
色付きの文字楽しい報告旅行記、同行させて頂いてる気持ちになりました。
怒られたんですか、、お客様に失礼ですよね、、それで、綺麗な模様は出来ましたか。
浜に 源さん を置くのもカメラのモデルに最高ですね。
【2008/04/23 09:02】 URL | むくらく #pcEsqDro[ 編集]

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mihomopr/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
【2008/04/30 16:16】 URL | みんな の プロフィール #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。