ルンルンピアノの写真日記です。



プロフィール

トビクロ

Author:トビクロ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


愛媛帰省2011年9,12
IMG-x_9173.jpg

久しぶりの愛媛帰省。
5時起きで6時20分出発。
とてもいい天気で、空、海、すべてがブルーに染まる。



IMG-x_9184.jpg

いつもの白い灯台を過ぎると、ほどなく坂出コンビナートが現れる。
ニョキニョキとそびえ立つ赤白だんだらの煙突。
モクモク吐き出される白いけむり。
異次元の世界に酔いしれるひと時だ。

IMG-x_9188.jpg

坂出ICを通過。
讃岐富士は、くもり空の方が似合うと思う。


IMG_-x9196.jpg

豊浜のトンネルを抜けるとすぐに現れる看板。
“ようこそ愛媛 もうすぐ愛媛” 


IMG_-x9200.jpg

10時2分、三島・川之江IC到着。
高速を降りるとすぐ目につく、おなじみリュウグウの倉庫。


IMG_-x9202.jpg

駅から下る一本道。
正面にコバルトブルーの海が見える。



IMG_-x9204.jpg

自宅へ着くと、母が庭先で待っていた。
金太郎のミニアルバムを見せたりメロンを食べたりしたあと、姉夫婦宅へ天ぷらとお菓子のオミヤゲを届ける。
H夫さんも元気そうだった。





IMG_-x9210.jpg

お昼を食べにドライブがてら新居浜方面へ。
途中、車両事故のため少し渋滞。







IMG_-x9213.jpg

新居浜へ入る。
ここまで来れば適当な食べ物屋さんがあるだろうと思っていたのだが・・・。




IMG-x_9214.jpg

セルフのうどん屋さんか、夕方から開く焼肉店ぐらいしか見つからない。
そのまま西条市まで行ってしまうが、あこがれのシンデレラ館まで無くなっていたのはショックだった。
12時をとっくに過ぎ、お腹グーグーのままUターン。
後部座席の母はいつしか眠っていた。



IMG-x_9225.jpg

結局、傾いた喫茶店 (経営でなく、わざと傾いた建築) 珈琲待夢でランチをすることに。
ここへ来るのは3度目だ。




IMG-x_9235.jpg

あまり食欲がないと言っていた母だが、山菜ピラフがオイシかったらしくペロリと完食。
次回は私も食べてみたい。



IMG-x_9236.jpg

喫茶店を出て間もなく、クルマの中から見えたお遍路さん。
帰省どきにはしょっちゅう見かける風景だが、なんとなくホッとした気分になる。



IMG_-x9238.jpg

あまり連呼したくないお店。



IMG-x_9245.jpg

買い物に立ち寄る。
四国に多いスーパーらしいが、横文字よりも昔ながらの平仮名表記 『まるなか』 の方が味がある。




IMG_-x9262.jpg

「ここの豆腐はオイシイんで!」 と勧められるが、この真夏日では宝塚まで持って帰れない。


IMG_-x9272.jpg

ひゃ~!

IMG-x_9279.jpg

母のお気に入り、ジャジャうま市へ。





IMG_-x9283.jpg

四国ならではの坊ちゃん牛乳。

IMG_-x9299.jpg

お菓子コーナーで真剣に物色中の母息子。

IMG_-x9311.jpg

パチパチ???
なんだろう、コワイ・・・・・・・・・



IMG_-x9312.jpg

自宅へ戻る。
4時間もウロウロしてしまったので母も疲れたことだろう。



IMG_-x9314.jpg

リポビタンDを飲んでお疲れさま。

IMG-x_9332.jpg

近所の人たちにオミヤゲを配ったりして、5時に家を出る。
いつまでも仲間の皆さんと楽しく元気に過ごして欲しい。



IMG_-x9359.jpg

帰り際に見る讃岐富士は、いつもちょっと寂しげに映る。



IMG_-x9365.jpg

坂出コンビナート。
帰りは助手席と反対側なので残念だ。



IMG_-x9403.jpg

写真ではうまく撮れないが、夕日に染まる瀬戸内海の美しさはコトバでは表せない。
瀬戸の花嫁のメロディーが浮かび、涙が出そうになる。(私たちの場合、花嫁はNだが)

IMG-x_9413.jpg





IMG_-x9416.jpg

IMG-x_9456.jpg

白い月が出ていた。

IMG-x_9461.jpg

吉備SAで降りる。



IMG_-x9462.jpg

注文した天ぷらそば。 別になんの変哲も無い。
Nはご当地ラーメンだが、こちらも特にどうということは無かったようだ。

IMG-x_9471.jpg

SAを出るとさすがに真っ暗だった。
宝塚までノンストップで走り、8時半に清荒神到着。
研究会のメンバーが8人残っていた。
金太郎はどうだった?と聞くと、「歌ったりシャベったりしてました」 とのこと。
石川初段が泊まり。

金太郎もトビオもクロも、子ども達もNも母も、みんなお疲れさまでした。





スポンサーサイト


この記事に対するコメント
大分で馬と鹿の刺身盛り合わせを『馬鹿盛』と称して出されたのを思い出しました。パチパチって何でしょうね?小エビみたいですが…こちらではイサダと呼んでるものかな?
【2011/09/19 15:29】 URL | magma #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。