ルンルンピアノの写真日記です。



プロフィール

トビクロ

Author:トビクロ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012年   年明け早々の世界旅行!?
IMG_-x2006.jpg

今年も、淡路島、黒岩水仙郷へ行くことに。
家を出て間もなくこのトラックに遭遇。
クマちゃんのカンカンダンス、天国と地獄♪




IMG_-x2022.jpg

明石海峡大橋を渡り終え、淡路SAで休憩。 マップをもらう。
思っていたよりも寒い。
大観覧車には誰も乗っていなかった (というより、今までに乗っている人を見たことがない)





IMG-a_2026.jpg

永久歯みたいな、わたるくんと。


IMG_-x2033.jpg

南国ムード漂う28号線。




IMG-x_2043.jpg

淡路夢舞台、国際会議場そばの港。
対岸に見える白い建造物は・・・・もしかして・・・・



IMG-x_2047.jpg

モチロン、この方でーす!



IMG-x_2055.jpg

今年も無事に逢うことができた。
十重の塔には倒壊防止用のネットが張られている。
すぐ下の白い三角屋根が喫茶アメリカン。
巨大観音の栄華盛衰を見守ってきた店だ。



IMG-x_2060.jpg

お腹が空いていたのでモーニングを注文。
窓際の席で観音像を見上げつつ飲むコーヒーは最高だ。
店内にはクワズイモが目立つ。
きょうの店員さんはちょっと荒っぽかった


IMG-x_2070.jpg

Nのイトコそっくりな平和観音。
色々物議をかもしてはいるものの、できれば長生きして欲しいものだ。



IMG_-x2086.jpg

アメリカンを出て、次にやって来たのは静の里公園。
お目当ては、ベッカムも触ったという1億円の金塊。
公園入り口には津名町立図書館があり、右側には考える人が鎮座する。



IMG_-x2100.jpg

こちらは錦鯉。

IMG_-x2096.jpg
それにしても、静御前をずっと義経の母と思いこんでいた私は大バカ者だ。


IMG_-x2092.jpg

1億円の金塊はどこだ~??



IMG-x_2101.jpg

これも違うようだし・・



IMG-x_2105.jpg

静御前と義経公の墓。
さすがに神妙な気持ちで手を合わせる。


IMG-x_2116.jpg

あった!!
これが1億円の金塊!!!!!




と思ったらレプリカ。

ホンモノは数年前、すでに換金してしまったようだ。  残念なり(ドヨーン)

代わりに、素手で持てる銅や鉛があった。


IMG-x_2127.jpg

ガッカリしながら車に乗る。
次はどこへ向かうのであろう。


IMG-x_2131.jpg

ルンルンイチオシ、淡路ワールドパークONOKOROであります。







IMG-x_2136.jpg

ああ、憂鬱やな~・・・・・・・。





IMG-x_2137.jpg






IMG-x_2143.jpg

さあ、元気を出して童話の森へ入るよー!





IMG-x_2143.jpg





IMG-x_2146.jpg

ジャックと豆の木。







IMG-x_2148.jpg

おかしの家


IMG_-x2160.jpg

3びきのこぶた 



IMG-x_2161.jpg

西遊記








IMG-x_2162.jpg




IMG_-x2168.jpg

童話の森のあとは、いよいよ世界1周旅行へ出発ー!!
ここはタイだろうか。














IMG-x_2170.jpg

憧れのタージマハール。






IMG_-x2174.jpg

ローマのコロッセオ。
5万人の人で賑わったのだなあ。








IMG-x_2177.jpg

アクロポリス。
古代ギリシャに思いをはせる

IMG-x_2178.jpg

お決まりのポーズ。





IMG_-x2183.jpg

あー、もうそろそろ疲れてきたなぁ・・・。







IMG-x_2207.jpg

と思う間もなくフランスへ。
凱旋門って、意外に小さいのだ。




IMG-x_2210.jpg

旅行のあとは兼高かおるの世界へ。
ONOKOROのメインは、実はここなのです。





IMG_-x2211.jpg

もちろん入り口で記念撮影しないと入れません。






IMG-x_2215.jpg

気球のお皿、いいなあ。






IMG-x_2218.jpg

世の中には、よくわからないことも多いのです。


IMG-x_2220.jpg





IMG-x_2222.jpg




IMG-x_2224.jpg




IMG-x_2230.jpg




IMG-x_2232.jpg



IMG-x_2243.jpg



IMG-x_2247.jpg

兼高かおる館を出て、海の見えるレストランへ。
入る直前Nのケータイが鳴った。
「モシモシ・・・・うん、うん エッ? そうか! オメデトー!!!」
糸谷五段が六段に上がったようだ。
青空のもと、うれしい報告に顔をほころばす師匠。





IMG-x_2258.jpg

約7年ぶりのONOKOROは大変楽しかった。
相変わらずひなびてはいるが、
ほどよい広さなので小さい子ども連れにもピッタリだし
大人は兼高かおる資料館で楽しめる。
メリーゴーランドに乗れなかったのが心残りだが、これは次回の楽しみに取っておこう。
ONOKOROを出てさらに南下、洲本市内へ入る。






IMG-x_2263.jpg

途中立ち寄った小さなガソリンスタンド。
親切なのかそうでないのか、よく分からない店員さんだった。
このあとクルマに乗りこむと、頭痛、肩こりと、だんだん気分が悪くなってくる。
黒岩水仙郷まではちょっとムリそうだ。


IMG_-x2274.jpg

というわけで、今年は立川水仙郷で水仙見物することに。
黒岩水仙郷が東京スカイツリーなら、こちらは天王寺の通天閣だ。








IMG_-x2287.jpg

園内は白水仙が満開。
西洋では代表的な水仙で、ギリシャ神話にも登場するらしい。



IMG_-x2290.jpg

純白で薄い花びら。
鼻を近づけるがニオイは無い。




IMG_-x2311.jpg

少ないが、ニホン水仙も咲いていた (満開は西洋スイセンのあとらしい)
日当たりのよい黒岩では今が見頃のようだ。





IMG_-x2320.jpg

(あ~あ・・・・・なんのかんの言ってまた連れてこられたなぁ)







IMG-x_2321.jpg

誰にも会いませんように・・・・・・・・・・

これより18歳未満閲覧禁止。



IMG_-x2330.jpg

なかなかに奥が深い男女の世界










IMG-x_2336.jpg

掲載できる写真はこの2枚だけ。
しかし、なぜに鹿??




IMG-x_2341.jpg

いったん外へ出て、併設の民族資料館へ入る。




IMG-x_2344.jpg

これこれ!!  これが欲しかった!!!
我が家の玄関にも飾られているオニオン人形 (ホンモノのたまねぎで作られている)

数年前と同じ状態で並べられているところを見ると、あれから買い手はついていないようだ。
淡路人形浄瑠璃の便箋セットと共に購入するが、帰宅後出してみると汚れがひどかった。
ガラスケースの中で保管されていたにも関らず、包装のビニールはホコリにまみれ、便箋にいたってはカビが生えていた。
保存状態、デザイン面から見て、恐らく、昭和中期辺りに製作されたものだろう。
さすが民族資料館だけのことはある。




IMG-x_2349.jpg

館内で唯一新鮮なミヤゲ品、鉢植えの水仙。
もちろんホンモノです。





IMG-x_2355.jpg

昔はカレーやうどんを食べる客でにぎわっていたのであろう。




IMG-x_2359.jpg

50円なら買っても良いのだが・・・・・・





IMG-x_2362.jpg

打ち出のこづちもアリンス。





IMG-x_2363.jpg

ここでマイクをにぎっていたオジサン達も、今はいずこ・・・。





IMG-x_2386.jpg

金太郎もいるし、そろそろ帰る時間だ。
気がつくと、体の具合はすっかり良くなっていた。






IMG-x_2389.jpg

淡路SAへは寄らずに帰る。





IMG-x_2394.jpg

明石海峡大橋。
前方には明石や垂水の街が広がる。


IMG_-x2403.jpg

思ったよりも早く宝塚へ到着。
淡路島、やっぱりいいなあ。
もう少し暖かくなれば、水津さんの写真を持って沼島へ再訪だ。
巨大観音も喫茶アメリカンも、ニセ金塊も静御前も、ナゾのパラダイスも白水仙もタマネギ人形も、
また逢う日まで、みんな元気で待っててねー。







スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。