ルンルンピアノの写真日記です。



プロフィール

トビクロ

Author:トビクロ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009年淡路水仙郷
1

2月3日(水) 
くもり空の中、川崎三段と3人で淡路島へ向かう。
せっかくの明石海峡大橋もグレー一色の世界だった。

2

明石ハイウエイオアシスみやげもの売り場で、たまねぎせんべいの試食。
「ちょっと川崎くん、これ食べてみ。 めちゃくちゃウマイで」
「パクパク・・・・・・・あ、ほんまですね先生」

3

灘黒岩水仙郷へ到着。
写真ではわかりづらいが、雨はけっこう降っている。

4

てっぺんにアズマヤの屋根が見えている。
写真を撮りながらゆっくり登れば20分足らずで到着だ。



CIMG-a5224.jpg

水仙の花も、よーく見てみるとオモシロい。
工作で作った花のようだ。


6

灘黒岩水仙郷は約180年前、付近の漁民が、海岸に漂着した球根を山に植えたのがだんだん繁殖したもので、現在ではここ輸鶴羽山の海に続く45度の急斜面一帯約7ヘクタールにわたって、500万本もの野生の水仙が咲く。



7

名物 ‘水仙うどん’
温泉タマゴが水仙の白と黄色を表している。
淡路産たまねぎのカキアゲ入り。



8

黒岩水仙郷からクルマで15分足らずの場所にあるモンキーセンター。
日本一なかよしのサルとして、学会でも研究の対象になっているらしい。



CIMG-a5327.jpg

エサは殻つきの落花生。
「オラオラ、はよ寄こさんかい!」





10

「そこの兄ちゃんもサッサとくれや」

11

ふと足元を見るとこんなところにも・・・・・・・・



12

コータ君追悼の碑の前で。



13

モンキーセンターを出て、いよいよ第3番目の目的地へ向かう。
山道に差し掛かって間もなく現れる看板がコレ。
立川水仙郷は、もう目の前だ。

CIMG-a5347.jpg

着きました。
いつ来てもたのしいパーラダーイス♪




15

なぜUFO神社なのか?
そして何のご利益があるのか??
皆目見当もつかないが、無視できない妙な存在感がある。



16

川崎 「え? おしべとめしべを学ぶところ??」
森 「そっちはあとやで川崎くん。 まずはちゃんと水仙を見学してからや」



17

「雨やからってサボとったらアカンで」
「ハーイ」




18

立川水仙郷、実はなかなかいいところなのです。
アレさえ存在しなければ・・・・・。



19

写真も撮り終わったし・・・・仕方ない、入るとするか。



20

ジャーン!!



21

ババーン!!!



22

このボヤけかたがなんともエロい。

23

立川神社と書いて 「たっこじんじゃ」 と読むらしい。
なんのご利益があるんかなあ。



24

隣接の ‘民族資料館’ へ入る。
ルンルンイチオシのたまねぎ人形はきょうも健在だった。
人形の入ったパッケージの汚れ具合からすると、かなり昔に製造されたものと推察できる。
ショーケースの中にはあと2,3体残っていたが、これが売り切れれば、もう永遠に手に入らないだろう。
写真の人形は首のみで500円。
他に胴体付きもある。






25

今では寂れまくっている民族資料館だが、華々しい時代もあったのだろう。

26

立川水仙郷を出て、淡路島北部へ向かう。
道路沿いのフェニックスに南国旅情をかき立てられる。



27

「うわ! アレなに~~??」
ウトウトしているとNの叫び声で目が覚める。
丘の向こうに忽然と現れた巨大観音!!





28
さっそくクルマを停めて降りるが、観音像のあるお寺には ‘本日定休日’ の札が・・・・・・。
仕方ないので、となりの喫茶店へはいる。
お店のお姉さんが言うには、お寺は2年ほど前に潰れたとのこと。
帰宅後ネットで調べてみると、現在、この巨大観音像が売却できず困っているらしい。

それはそうだろうな~。


29

観音像は台座をふくめて高さ100メートル。
首の付け根のギブスのような部分は展望台になっており、海を見渡せるなかなかの景色らしい。
誰か買いませんか?

30

巨大観音と別れたあとは、東浦サンパーク・花の湯へ。
入り口にはフローティングストーンと言う、重さ1トンの石が水に浮いている。
1990年の大阪花博物に展示されていたものだそうで、うまく動かせれば願い事がかなうらしい。
いちおう3人とも動かせたのでよかった。




31

帰りは明石ハイウエイオアシスのロイヤルで夕食。
デザートのスイートポテトが温められて出てきたのにはビックリ。
とろけるようなオイシさだった。

32

明石海峡大橋を渡って帰る。
晴れだったらキレイだったのになあ。
でも、きょうも1日ケガもなく無事に帰れたのだから、文句言ったらバチが当たる。
水仙もキレイだったし、おサルも可愛かったし、パラダイスは健在だったし。
めでたしめでたしの1日だった。



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。