ルンルンピアノの写真日記です。



プロフィール

トビクロ

Author:トビクロ
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



月別アーカイブ



カテゴリー



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


一心寺~西成
2

灰色の空をバックにニュッとそびえ立つ通天閣。
都会でなく、下町に君臨していることが最大の魅力かもしれない。

3

梅田から地下鉄御堂筋線に乗り 『天王寺』 で降りる。
名前は有名だけど、あまり知らない土地だ。


4

ここから一心寺を目指すが、きょうはちょっとだけ、いつもと歩くコースをずらす。
左手にそそられるアーケードがあったが、きょうはチラリと見るだけでガマン。


5

谷町筋沿いの商店街にはレトロなムードの店が多い。
お漬物やおかきを売る店が目立ったが、値段は概ね安い。
この園芸店のヒヤシンスの球根も、丸々太ったのが1こ200円だった。

6

古式ゆかしい店もある。


7

かつら専門店のショーウインドウ。
Nが目をキラキラさせて見入っていた。
でもこれは残念ながら文楽用のかつらです。



8

一心寺に到着。
「水津さーん、来ましたよー」



10

きょうはいつもに比べるとちょっと人が少ない。
本堂の屋根には源さんの親戚がいっぱい集まっていた。




11

境内の隅っにある納骨堂。
線香ローソク好きのNが早速火をともす。
ケムリよ、旅の仙人まで届けー!






12

水津さんの骨仏は第14期の平成28年に完成する。
今から待ち遠しくてならない。





13

いつも見かけるおじさん。
きょうは、ろうそく立てにこびりついたロウをこそげ落としていた。
背後で金色に輝くのは、1番新しい第13期骨仏。



14

力強い炎。




15

仙人に別れを告げたあとは新世界に入る。
定番のコースだ。



16

こういう小さな旅館やホテルが数限りなく存在する。
需要と供給のバランスがきちんと取れている証明なのだろう。



17

きょうも入れなかった浪速演芸場。

18

地下へ入りたかったが禁止令が出る。



19

大通り沿いはこんな感じ。
やっぱり昭和初期の風情が漂っている。



20

動物園駅前。
アヒルのスタンドの足元の小屋には、本物のアヒルが3,4羽飼われている。
今は四方をしっかり板で囲われているので、かなり近づかないとわからない。
小屋はそうじが行き届いており、アヒルたちもピカピカで、清潔な水を飲んでいた。
とてもカワイイ♪

21

ここから商店街の始まりだ。
右手に香豆里(コーズリー)珈琲館がある。



22

こしにとりてつ・・・・・・・・

むかしから変わらない視力検査用看板。

23

このサクラの造花と花見ちょうちんがイイのだ。



24

命名の動機はなんだろう???



25

こちらはメインから左手に伸びる商店街。
宝島を探検しているような気分だ。



26

トイレが我慢できなくて、木村家というレストラン兼喫茶店に入る。
小さな店だが、昭和12年創業という古いお店だった。
レトロなカップに入った紅茶。
ミルクが分離しているので、キタナイ写真になってしまった。



27

飛田新地大門跡。
その昔、大抵の遊廓では門付近に交番が設置されていたそうで、ここにもしっかりと当時の面影が残っている。
付近は写真ご法度(?)だが、ササッと撮らせていただく。





28

ここでUターンして商店街へ戻る。



29



30

31

左手の 『百番』 は、むかし遊郭だったのを改造して出来た有名な店 『鯛よし百番』  のチェーン店だ。
レトロ感は、向かいのコクヨの勝ち。

32

商店街を外れて歩くと、住所板は阿倍野に変わる。
‘日本路地百選’ に選びたくなる風景が見えた。




33

これも非日常的な風景。
阿倍野まで来たのはトイレへ行きたかったから。
周辺事情からか、公衆トイレがなかなか見つからず。
(ああ、もうダメ~・・・・・・・・) と思いかけたところでなんとか発見。





34

スッキリしたところで再び商店街へ戻る。
この看板もイイ。
むかしは華々しく、サルやコンゴウインコ類も扱っていたのだろうか。





35

時刻は5時半。
そろそろ疲れてきたので、となりの中華くねくねと迷った末、ここ (ニュープリンス) で夕食にする。
Nは焼き肉定食とオデン、私はハンバーグスパゲッティとチーズケーキを注文。
ハンバーグはデミグラスソースがたっぷりかかった手作り風だし、スパゲッティも刻んだソーセージと油っぽいケチャップ味でレトロなおいしさ満開。
店内も広く、すべてソファー席で実にゆったり出来る。
おまけにケーキ類は全て150円なのだ。
料理を運んでくるお兄ちゃんも太平シローそっくりで愛嬌たっぷり。
リピート確実!!



36

大満足で店を出て歩いていると・・・・・・・路地先にいかがわしいムードが!!



37

近づいてみると、健全な芝居小屋だった。

38


39


スタート地点に戻ってきました。
ネオンと共に人通りも増えて活気づいてきます。





40

ここから新今宮へ向かって歩きます。
道中は簡易ホテルがひしめきあっているが
お客さんもそれなりに入っている模様。





41


きょうも1日お疲れさま。




42

一両編成の阪堺電車。


43

ここはけっこう安いほうかな?
でも、なんで ‘ぶとん’ なんだろう???

44

思わず入ってみたくなる店。


スポンサーサイト

榊原温泉 2009,1,4~5
1
1月4日、10時7分。 榊原温泉口駅到着。
天気良好。


2
大観音寺目指し、ひなびた道を歩く。


3
見えてきました! ニケにミロのビーナス。
なぜか自由の女神も一緒です。

4
すぐ後ろが大観音寺とルーブル彫刻美術館。
同じ敷地内にあります。



5
まずは大観音寺から。
いきなり蛙のオーケストラのお出迎えに会う。


CIMG-x3566.jpg
みな真剣な面持ちだ。

7
カワイイだけでなく、こんなご利益があるのですね。


8
ここからがいよいよ本番。
入り口上から天狗さまが歓迎しています。



9
ハデな歌い文句のわりにインパクトはもうひとつ。


10
招福まねき猫たちの歓迎。
この辺からNがついていけない感じになる。
ちょっと心配。


11
これが世界一高さ33メートルと謳われる純金大観音。
かなりスゴイものだと思うが、そのわりには周囲に人の姿がない。




12
水子観音。
左端でニッコリ微笑む水子がブキミ。


13
白澤なんて見たことも聞いたことも無かったが、調べてみると、なかなかインテリの妖怪らしい。
妖怪辞典にも載っている由緒正しい妖怪なのだ。


14
大観音手型。
今にもグチャッと潰れそうな小さな鳥居がアクセント。


15
天狗厄除の滝。
水は流れてない。




16
その下にはたくさんのカッパ達。




17
大観音寺の中でも特に異彩を放っていたのが、このカラオケ観音。
これを見るだけでもここへ来る価値があるというものだ。


18
「喝ーーー!!!」
こういう風にお賽銭も入れずにヘラヘラしていると、たちどころに 「やるき達磨」 の鉄拳が飛んでくる。


19
帰り際、もう1度カエル達の熱演を見ます。



20
フルートとシンバルの熱演が特にすごいです。



21
なんかヘンな感じ。
スフィンクスってこんなんだったっけ?

22
さあ、ここからルーブル彫刻美術館の始まりです。
全てレプリカですが、どれも実物から直接型を取り、ルーブルの専門職員が手がけた作品とのことです。



23
なかなかいい体型をしていらっしゃいます。



24
コワイ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


25
ここからキューピット三体。
まずは 『水虫キューピット』


26
『虐待キューピット』

27
『釘踏み抜きキューピット』

28
キューピットではありませんが 『脇処理中の夫人』

29
オチ○○○三体。

う~~~ん・・・・・・・・・・


30
う~~~~ん・・・・・・・・・・

32
う~~~~~ん・・・・・・・・・・・・

どれもピンときません。

33
実際はなかなか見応えのある美術館でした。 けっこうオススメです。
このあと駅前へ戻り、宿のマイクロバスで榊原館へ。
食堂で幕の内の昼食をとったあと、全員で中山金杯の予想ゲームをします。
結果は1着アドマイヤフジで、私と野間五段の勝ち。
1000円ずつ分け合いました♪

34
いやん、エッチ。


35
右は野間さん、左は息子の着物。
性格がそのまま表れています。


36
お風呂へ入る前にフロントで。


37
松坂牛を焼きたいのだが、固形燃料に点火するカチットが無い。
「忘れてるんかなぁ」
「いや、このあと何品か来て、そのあと食べるっていうことでしょう」



結局忘れられていた。


38
ななくりの湯にも入って、あとは恒例のバクチ大会。
オールで1時まで盛り上がる。



39
時間が経つほどに熱くなり・・・・・


40
最後はこんな感じ。

41
一夜明けて窓からの景色。
榊原温泉には、いわゆる歓楽街は存在しない。
素朴でマジメな湯の里なのだ。


42
7時半から朝食。
野間さんはご飯を2膳、息子は4膳平らげる。
宿の朝ご飯って、なんでこんなにオイシイのだろう。


43
美人の湯でツルツルになって帰ります。
お世話になりました。
このあと急遽、お伊勢さんへ行くことに決定。


44
急行で五十鈴川まで行き、そこからタクシーで内宮へ。
平日というのに、さすが伊勢神宮、けっこうな人出です。
息子は初めて、野間さんは小学校の修学旅行以来とのこと。
五十鈴橋の上で。




59



45


46
おはらい町はすごい人。
赤福の前も長蛇の列。






47

おかげ横丁入り口。
ここ一帯もかなりの賑わいだ。





60
山口誓子館があったので入ってみる。
俳句投稿箱があったのでNと私が早速チャレンジ。

『嫁ぎゆく 娘と一緒の初詣』     ルン



48
おかげ横丁にあるおかげ座。
おかげ横丁は新しい町だが、おかげ座は昔からあった芝居小屋らしい。



49
岩戸屋は『生姜糖』で有名な店だ(伊勢神宮のお札と同じかたちをしている)
もちろん買って帰った(Nが大好き、私はちょっとニガテ)


50
500円で御神酒をいただくN。


51
散策に疲れ、赤福の喫茶店へ入る・・・・・・・・・・・・・つもりだったのだが
通されたのは茶室。
(しまった・・・)と思ったが時すでに遅し。
結局、よけいに疲れてしまった。


52
おはらい町の端っこで見かけた大道芸。
火をつけた5本のパイプでのジャグラー、迫力満点だがあぶなそう。


53
山口誓子館から出ると息子がいなかった。
「もしもし・・・・・今どこにおるんや?」
こういうときのケータイはホントありがたい。



54
おかげ横丁もなかなか楽しい。


55
伊勢神宮のニワトリ。
神聖なニワトリさまなのだ。


56
なんともキュートなボストンテリア。


57
次回ぜひチャレンジしてみたい伊勢えびコロッケ。


58
近鉄宇治山田駅構内の喫茶メルヘンにて。
さすがにちょっと疲れ気味の面々。



61
おかげ横丁で見た神恩太鼓。
「♪えーじゃないか えーじゃないか えーじゃなーいかあ」 参拝客も一緒に盛り上がる。




62
一時はどうなることかと思った赤福だが、復活してよかった。


63
おかげ横丁の駄菓子や。



64
3時29分発の特急で鶴橋へ戻ります。
宇治山田駅ホームにて。



65
父の好物、利休饅頭。
藤○元官房長官の実家らしい。



66
なかなかディープな1泊2日の小旅行だった。
最後までご覧下さった皆さまにも福が授かりますように♪













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。